2008年02月04日

「スキャンR」がカラー保存に対応!

本書『Keitai Hacks[ケータイハック]』の114ページでは、ケータイカメラをスキャナに大変身させるテクニックを紹介しています。

このハックは、『スキャンR』(http://m.scanr.com/)というサービスを利用して実現します。この「スキャンR」、従来はケータイカメラで撮影した写真をモノクロのPDFとして保存できるものでしたが、2008年1月31日より、カラーPDFとしての保存が可能となりました。

また、本書発行時には、”有料サービスはauのみに対応だが、ドコモやソフトバンクの200万画素以上のケータイからでも利用できる”としていますが、2008年1月25日より、ドコモとソフトバンクにも正式に対応となりました(au以外で有料サービスを利用するには、パソコンから事前のユーザー登録が必要)。

ケータイカメラで撮影して、PDF化して保存しておくことは、仕事術としてはもちろん、無駄なコピーやプリントアウトで紙を浪費することがなくなり、エコにもつながる大切なテクニックといえますね。


↓『スキャンR』にアクセス!【登録無料】
QR_Code_scanR.jpg
(QRコードに対応した携帯電話で読み取ってください)
posted by editor's room at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去の記事

2008年01月22日

『週刊エコノミスト』にてご紹介いただきました

現在発売中の

週刊エコノミスト 1月29日特大号』(毎日新聞社)にて、

本書『KeitaiHacks』をご紹介いただきました。


62ページの「新刊」コーナーです。

ぜひチェックしてみてください!
posted by editor's room at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去の記事

2008年01月15日

合格祈願ドコモダケ登場!

dokomodake01.jpg docomodake02.jpg

ドコモの人気キャラクター「ドコモダケ」に新しい仲間が登場しました。

「五」と書かれた絵馬を持つ「五を書く=合格」ドコモダケです。
写真のストラップは、関東甲信越エリアのドコモショップで、受験生やその家族などに配布中。
また、ドコモダケのHPにて、合格祈願をテーマにした待受画面やデコメールのテンプレート、着うたなどが無料配信されています。

家族や知人に受験生がいる人は活用してみてはいかがでしょうか?
posted by editor's room at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去の記事

2008年01月10日

「ソフトバンク呼び出し音」サービスが全国に拡大

ソフトバンクのユーザーの中には、ソフトバンク同士の通話が無料になる「ホワイトプラン」に加入している人が多いことでしょう。
1月10日(木曜)より、ソフトバンクのケータイに発信した際、通常のプルルルルッ、プルルルルッ…」という呼び出し音の前に、約2秒間「プププッ、プププッ、プププッ」と鳴る「ソフトバンク呼び出し音」サービスが始まりました。昨年夏より一部地域で導入されていて、全国にエリア拡大されたものです。
「ホワイトプラン」加入者にとっては、相手のケータイがソフトバンクであるか否かを判別でき、1時〜21時であれば、時間を気にせずに通話ができます。
 
本書『Keitai Hacks [ケータイハック]』P.102〜103で紹介しているように、電話帳にケータイ会社の種別も記入しておけば、無料通話をしたいときはもちろん、SMSを送りたいときも役立ちます。「プププッ…」と鳴ったら、電話帳のメモ覧に「ソフトバンク」などを書き添えておくとよいでしょう。
posted by editor's room at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去の記事

2007年12月28日

『GetNavi』にてご紹介いただきました

現在発売中の『GetNavi 2008年2月号』にて、本書『Keitai Hacks[ケータイハック]』をご紹介いただきました(167ページ「Get Navi Products」)。

著者の村元正剛さんが、同誌にて『新ケータイ料金の「損得」を徹底解明!』(79〜83ページ)という記事を執筆されています。

あわせてチェックしてみてください!
posted by editor's room at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去の記事

2007年12月27日

『月刊宝島』にて読者プレゼント実施中です

現在発売中の『月刊宝島 2008年2月号』にて、本書『Keitai Hacks[ケータイハック]』をご紹介いただきました。

読者プレゼントも実施しております。
どしどしご応募ください!
posted by editor's room at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去の記事

2007年12月26日

「EZケータイPOST」で年賀状が送れる!

本書『Keitai Hacks [ケータイハック] 』では、ケータイからファクスを送れるサービス(P.112)や、ケータイをスキャナとして使えるサービス(P.114)など、携帯電話の便利な活用法を紹介しています。
今回は、追加情報として新しいサービスを紹介します。

'08年1月15日まで、auケータイから年賀状を送れるサービスが実施しています。

EZトップメニュー→カテゴリ検索→EZサービスで探す→映像・画像・音声から「EZケータイPOST」にアクセスして、表示される画面で年賀状のテンプレートを選び、メッセージを入力して、宛先の住所・名前を入力すると、日本郵便が発行する年賀ハガキにプリントされて郵送されます(年賀ハガキが売り切れた場合は通常ハガキになる)。
相手の住所がわからない場合は、住所の代わりにメールアドレスを入力してもOK! URL付きのメールが送られて、相手がそのURLにアクセスして住所を入力すると、プリントされた年賀状が送付されます。

利用料金は、年賀状の作成は無料で、作成した年賀状データの保管が月額105円、年賀状の送付には1通あたり157.5円(利用するテンプレートによっては追加料金が必要)。

1枚づつ異なるデザインを選べるので、会社や自宅で用意した年賀状とは異なるデザインを使ってみたい人は利用しるとよいでしょう。
年賀状を送りそびれた人から年賀状が届いたときに、どこにいても、すぐに返信の年賀状を出せることもメリットです。

「EZケータイPOST」http://keitaipost.jp/【年賀状の作成のみ無料】
keitaipost_qr.jpg
(QRコードに対応した携帯電話で読み取ってください)
posted by editor's room at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去の記事

2007年12月25日

ケータイ学習で資格取得

本書『Keitai Hacks[ケータイハック]』では、
「Chapter5 オフタイムにもケータイを活かす新発想」として、
9個のケータイ活用ヒントを紹介しています。

これに加えた"新発想"が、「ケータイ学習」。

空き時間に、ケータイゲームで遊んでリラックスもよいですが、せっかくの時間をより有効に、資格取得や自己啓発のために使ってみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介するサイトは、「Vmemo」(http://www.vmemo.jp)。

↓「Vmemo」へアクセス!
vmemo_qr.jpg
(QRコードに対応した携帯電話で読み取ってください)

資格取得のための試験勉強に欠かすことのできない「暗記」。
このサイトは、ケータイで各試験の重要項目の暗記ができる仕組みになっているので、「学生の頃はすぐに覚えられたのに、今じゃナカナカ頭に入らなくて…」と嘆いている人にピッタリ。

不動産系、法律系、保険系、IT系など、様々なジャンルの試験対策コンテンツがあり、利用料金プランは3カ月で1000円からです。

挑戦してみたかった資格には、どのような知識が必要なのかを見てみるのにも役立つでしょう。


ほかにも、「ケータイ学習」用のサイトは数多くあります。
今後も、コンテンツの充実したサイトを随時紹介していきます。
posted by editor's room at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去の記事

2007年12月13日

「自己紹介工場」

P.203〜205で「合コンでの“会話ネタ”をブックマーク」と題して、ケータイで気軽に楽しめる性格診断など、お遊び系サイトを紹介しています。
年末年始の宴会シーズンに役立ちそうなサイトをもうひとつ見つけましたので、紹介させていただきます。

■自己紹介工場
http://pillow-chart.jp/copy2.do
自分の名前を入力するだけで、ユニークな自己紹介文を製造してくれます。
ちなみに筆者の名前を入れると、「写真を撮る時いつも同じポーズになる村元正剛です」と出ました。外れてはいないかも…。

ぜひ、お試しください。

↓ここからアクセスできます。
jikoshoukai_qr.jpg
(QRコードに対応した携帯電話で読み取ってください)
posted by editor's room at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去の記事

2007年12月11日

今年の年賀状は、QRコードで目立とう!

近頃では、ほとんどのケータイにQRコードの読み取り機能が搭載さています。誰でも自由に作成&使用できるQRコードをビジネスに活用しない手はありません。

QRコードをビジネスに活用するアイデアとして、名刺のコラボワザを本書『Keitai Hacks[ケータイハック]』の「項目49」(116ページ)で、作成手順や、QRコードに盛り込むと効果的な情報の例とあわせて紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

ここでは、その応用ワザとして、ビジネスのみならず、プライベートでも活かせるQRコードの活用シーンをご提案!


それは、年賀状。


ちょうど今頃から準備を始める方が多いのではないでしょうか。

年賀状にQRコードを掲載するのはとっても簡単です。


1)まず、QRコードを無料作成できるサイトで、オリジナルQRコードを作成する。

----------------------
無料作成サイト(例)
QRのススメ
QRコード・トルカ一発作成
無料でQR
----------------------

qr1.JPG(「QRのススメ」作成画面)


2)つぎに、作成したQRコードの画像をダウンロード(パソコンに保存)する。

qr2.JPG(「QRのススメ」完成画面)


保存したQRコードの画像は、次の2通りで活用しましょう。


3−1)年賀状の裏面に挿入して、印刷する。

または、

3−2)専用のシール用紙にプリントして、年賀状に貼る。

----------------------
QRコード専用シール用紙
マルチプリンタラベル QRコード用
 A4判 24面/40面/70面(エーワン)
----------------------


オススメは、「3−2」のシールプリントして貼るパターン。

年賀状以外にも、手紙や名刺など、さまざまな用途で使い回すことができて便利です。


ちなみに、QRコードは好きなカラーで作成できます。また、情報量によりますが、小さなサイズで作成することも可能。年賀状デザインのジャマにならないですむ色&サイズで作成するとよいでしょう!

↓ピンクとか
qr3.jpg


QRコードを貼るメリットは、氏名、住所、電話番号、メールアドレスやウェブサイトなどのプロフィール情報を盛り込んでおけば、相手はQRコードを読み取って、ケータイのアドレス帳にサッと登録してもらえること。

また、決まった情報だけでなく、好きなテキストを入れることもできるので、チョットしたメッセージや、読んでみてビックリ!な一言を潜めておくのもおもしろいのではないでしょうか!
posted by editor's room at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去の記事